スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トン吉「寝」の概念

ー文鎮はんー

トン吉の就寝名である。
食に対しては大変謙虚なトン吉だが、「寝」に関してはアグレッシブである。
布団二つにまたがって、まん中に斜めに寝ている。
おかげで私ども下僕は文鎮はんにしいたげながら寝ている。

それだけではトン吉が文鎮はんと格上げされて呼ばれるいきさつがわからない。
なぜ文鎮なのかと言うと、

掛け布団の上でどすん!と動かないからである。
横たわって寝ているはずなのだが、その重みからだるまおとしの
いちばんてっぺんのヒゲの生えただるまが「ドスン!!」と
寝ているときの安心仕切っている所に、ニヤニヤと笑いながら落ちてくる。
そしてそのだるまから手足が出て、腕を組み、あぐらをかき
「えっへん!」と扇子をあおぎながら一声言っている。
そのようなものが思い浮かんでしまう位重量感と、貫禄をともなっている。

そして、最近は寒くなったので掛け布団をちゃんとかけたい所である。
布団がはがれてしまったので途中で寒くて起き、布団を掛け直そうとすると、
寝ぼけまなこにだるまおとしの様なものが堂々と居座っているのが写る。
てこでも動かず、その姿や貫禄から脳が「これは文鎮なのだよ」と
理解しようとしている。
「ああ文鎮か文鎮なら仕方ないネー」
なんつってもう一眠り、寒さと戦いながらするのである。


35679519_62s.jpg

IMGP0404.jpg

05-10-09_00-01.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文鎮はん
一番上の写真やっぱり最高よー。
トンさん見てると犬飼いたくなってきちゃいます。

文鎮はん

本当に、これからの季節困るよー、と思っていたら
昨日からは布団の中に入って来た。
文鎮も気温によるのですね。

犬ライフ良いよー。
家でのお仕事だから飼ったら良いのに!

ウチにも

うちにも立派な『文鎮はん』がいますよ~、トン文鎮と同じです。寒くなってくるとふとんの片隅に文鎮があるんですよね。ぜったい動かない。布団が重い。。だけどなんとなく安心できる文鎮はんなんですよねえ。

やっぱり

どこの家庭にも文鎮はんがいらっしゃるのですね。(笑)
重いですよね。ずっしりと。
うちは11キロあるのでかなり重いです。
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。